コーヒーを飲む3つのメリット

コーヒーを飲む3つのメリット

コーヒーと言えばカフェイン(覚醒)でしょ

カフェインといえば「覚醒作用」ですよね。朝眠気覚ましや気合いれるためにコーヒーやエナジードリンクを飲む人も多いですよね。
じゃあ、実際に目を覚ますにはどれくらいのカフェインが効果的か知っていますか?
目安としては、100mgから200mgほどだそうです。エナジードリンク等もこれくらいの量になっているようです。
コーヒーの場合、豆の焙煎度合いによっても変わりますが100mlに対して約50mgのカフェインが含まれているので、マグカップ1杯ぶんほどが覚醒作用を得るには適量になります。
なので、朝にコーヒーを飲んだり缶コーヒーを飲むとその後に目が覚めたような感覚があるのは、とても理になかっているといえますね。
ただ、カフェインは摂取してから血流に乗って脳に到達するまでに30分ほどかかると言われているので、眠気を覚ましたい時間の30分以上前に飲むとよいでしょう。

便秘が治る!?

コーヒーを朝に飲むメリットの二つ目は「便秘の解消」。カフェインには胃液の分泌を活発にする働きや、利尿作用があるとされています。
確かにトイレが近くなるような気がしますね。
また、コーヒーにはオリゴ糖が含まれています。このオリゴ糖が腸内環境を調えてくれるんですね。
朝にコーヒーを飲むことで、胃や腸の働きを正常にしてくれるので便秘でお悩みの方は参考にしてみてください。

ダイエットにも効果があるだとぅ!?

実はカフェインには脂肪分解を促進したり、エネルギー消費を高めてくれる効果もあるのです。朝起きてから活動を始める前に飲むことは、1日の代謝を高く保つうえでとても効果的ともいえますね。
コーヒーに限らず、運動をする30分前にカフェインを摂取することで脂肪を効率的に燃焼できるようになるのでお試しください。
コーヒーは精神的に安定させてくれるリラックス効果もあります。ホッと一息なんてシーンがあるように、コーヒーを飲んで落ち着いた気分になったことは誰もがありますよね。

朝食は必ず摂ること!

コーヒーには胃腸の働きを活発化する効果があると書きました。つまりしっかりと朝ごはんを摂ることでこの効果が得られます。朝急いでコーヒーだけ飲んでいってきまーす!というのはやめましょうね(笑)
コーヒーを飲む3つのメリット

関連記事

  1. YOLER 焚き火台

    YOLER 焚き火台(2)と ゆるキャン△

  2. 芋煮会 in 水の森公園キャンプ場

    ファミキャンとカメラといろいろと芋煮会 in 水の森公園キャンプ場【第3回】

  3. アウトドアでも使う食材の効果的な使い方② 牛肉赤身

    アウトドアでも使う食材の効果的な使い方② 牛肉赤身

  4. 水だしコーヒーと普通のアイスコーヒーの違い

    今更ひとには聞けない。水出しコーヒーと普通のアイスコーヒーの違いとは!?

  5. ハンドドリップ式、フレンチプレス

    アウトドアで美味しいコーヒーを楽しむための道具選び:初級編

  6. キャンプでキャンドル作り、オレンジ、アクアブルー、ラベンダーカラーになりました。

    〈キャンドル作りに挑戦〉ファミキャンとカメラといろいろと