大海原に初トライ!人にも魚にも!?ドラマってあるんですよ

大海原に初トライ!人にも魚にも!?ドラマってあるんですよ

コロナとかって!ウィルスもう勘弁

新型コロナが世界に猛威をふるって1年半、自分の歳頃おっさんはワクチンいつになるやらで遊べない日々の輪廻です。
ボクのメインフィールド奥日光は、果てしない「いろは坂」を登り切った天空の世界。
つまりは何かあると、救急車もわざわざ下から登ってきて患者さん乗せたらまたまた降る、、、
人命考えると超シビアな立地だったりします。
コロナなんて撒き散らしたら戦犯ですよね。
シーズンは始まっててもなかなか行きにくい立地&環境なのであります。

未知の世界 トラウティスト大海に挑んでみる

中禅寺湖に行きづらい、っが、釣りはしたいし遊びたい。
フラストレーションを溜めつつ仕事に没頭する毎日でしたが、とあるお客様から「海やってみませんか?」と、まさかの未知領域への急展開なお誘いをいただきました。
遊漁船でジギングです
人生初めての船で海釣り、そしてタックルもありませんがフラストレーション解消に手を出してみることにしました。
ロッドとリール2セットとジグを大人の特権で、密林と岸波さんに上州屋さんをハシゴして揃えます。
久しくトラウトタックル以外触ってもいなかったので、購入したタイラバロッドとジギングロッドを振ってみると違和感がスゴいのです。
不思議な感覚でした。

さぁ~て、食べれるお魚さんは釣れるでしょうか!?

早朝まだ暗いうちに出港です。
大海原に初トライ!人にも魚にも!?ドラマってあるんですよ
港は相馬港、海の波は中禅寺湖の比でないと聞かされていたので、念の為に酔い止めやら持ちましたが、出港してみると「おや???????」
確かに波はすごいですが酔う気配もない?
酒には飲まれるほど酔うのですが、船酔いはしない体質なのを再確認しました。
ポイントまでは約1時間、段々と空が明るくなって来ますが、中禅寺湖の朝焼けとはまた一味違う気持ち良さですね。
乗合船には私のような一般客もいれば、プロフェッショナルな面々もいらっしゃいました。(ジャッカル所属の方も・・・。)

ポイントに着くと釣り開始のブザーが鳴り船上のアングラーは一斉にルアー投下です。
フォール中にアタリが毎回の様に有ります。
反射的にカラダが動いてしまうのですがすべて鯖!まさに鯖祭です。
しかも時期的に脂がのらない時期ですのでできればスルーしたいところ。
アオリイカも混じり少しずつテンションアップ!

中にはアオリイカも混じり少しずつテンションアップ!

更には学習して、フォール中リールはフリー、そしてボトム取ってからボトムで上下を繰り返す様にしてみます。
鯖からは解放されましたがジグが潮で振られている感覚が伝わってきてものすごく不思議。
周りの慣れた方々は真鯛や沖メバルの大物、カレイなどなど段々とあげ始めています。

ほどなくして自分のロッドがありえないほどにしなりました。

誰かとお祭りしたなーこれ!

後ろを振り返ると誰もヒット状態になっていません。

ん?まさか魚か!!!!!!!

いや魚にしては重過ぎて引っ張るだけ。。。とにかく巻いて様子を見ると中層のあたりで暴れ出して魚なのを確信です。船頭さんとジャッカルのプロさんが背中に回って様子を見てくれています。
そして2人で「あーザブトン来ちゃったなコレ!落ち着いて無理しないでゆっくり上げてっ」
ザブトン??山田くん??海しないから隠語知りませんでした。上がって来たのは巨大なザブトンのような。。。。。
左向きだからヒラメかコレ!

左向きだからヒラメかコレ!

船頭さんとジャッカルさんにランディングしていただき計測の結果90cmジャスト!
福島の海恐るべしです。

ちなみにコレで今年の釣り運をかなり使ったらしく、その後で行った檜原湖のスモールマウスバス釣行、今季初メインフィールドの中禅寺湖釣行、共に「完全!無!!パーフェクト!!!」のボウズと言う衝撃的な時間を過ごしました・・・。涙

再会は必然?

港に戻って船頭さんとジャッカル所属プロさんと談笑です。
朝明るくなって来た時「あれ?このダンディーな先輩、どこかで会った様な気がする」と思っていて、プロだと伺ったので釣りビジョンとかかな?と会話が進みます。
しかしナマズ部門との事で、画面でナマズあんまり観た記憶ないなー。。。。。
YouTubeでのお名前伺って「ナマプロ狂犬先生」との事、なんかモヤモヤのまま帰路に着きました。
帰宅してさっそくYouTubeやインスタにFB検索してみたら一気に衝撃!!!!
そこにあったお名前は《山戸田恵一プロ》20年近く前ですね。当時自分からクルマを購入頂いたお客様だったのです。

面目ない。。。。。。。

でも正直まさかの再会だったんですね。太平洋の上で船に偶然乗り合わせて、釣りで繋がれたご縁嬉しいですね。
このポータルサイトで書いている白鳥プロとも繋がりが当然あるらしく、糸ってゆっくり時間をかけて繋がっていくものだなぁと思った出来事でした。

っという事でナマズゲームも興味深々なこの頃です。。。

関連記事

  1. ヘビータックル ロッド編

    たかぎのホンネの独り言 釣りのスタイル ヘビータックル ロッド編

  2. ヘビータックル 糸偏

    たかぎのホンネの独り言   釣りのスタイル ヘビータックル 糸偏(メインライン)

  3. オピネルナイフ何と言ってもカッコいい、あのピカソも愛用していたらしい!?

    デザインで選ぶか、機能で選ぶか、おいしくいただく為の『フィッシングナイフ』たち

  4. たかぎのホンネの独り言です。 簡単に私たかぎの趣味を。

  5. 釣りのスタイル ヘビータックル リール編

    たかぎのホンネの独り言 釣りのスタイル ヘビータックル リール編