コーヒーでダイエット(1)

コーヒーダイエット

なんと、日本人一人あたりが1週間に約10杯飲むといわれるコーヒー。
この身近な存在のコーヒーをタイミング良く飲むだけで痩せることが出来るかもしれないんです!!

いつも飲んでるものだから気軽にスタート!

コーヒーダイエットは、いつも飲んでいるコーヒーのタイミングと飲みを変えるだけでOK。ダイエットを始めてもいつの間にかやめてしまう方にも続けやすい方法です!
コーヒーでダイエット(1)

コーヒーのカロリーってこんなに低いの!?

ブラックコーヒー100mlあたりのコーヒーのカロリーは約4kcal。100ml あたり5kcal 以下の飲み物は「ノンカロリー」の表示が許されるほど低カロリーなので、ダイエットにはピッタリなんです。

コーヒーには脂肪燃焼効果がある!?

コーヒーに含まれている「カフェイン」と「クロロゲン酸」という成分には、脂肪燃焼を高める効果があるんです!
カフェインには「リパーゼ」という脂肪分解酵素の分泌を促す作用があり、リパーゼにより、脂肪が速く分解され体内に吸収されにくくなります。

またカフェインは血流を良くしてくれるので、体が脂肪燃焼しやすい状態になります。
もう一つの成分、クロロゲン酸には脂肪の蓄積を抑える働きがあります。
クロロゲン酸を摂取すると肝臓で脂肪がより燃えやすくなり、結果的に皮下脂肪や内臓脂肪が付きにくくなるのです。

つまり基礎代謝を上げること

基礎代謝と言うのは、例えばただぼーっとしているときにも内臓を動かしたり血液を循環させたりして消費しているエネルギー。

カフェインには、この基礎代謝を上げる効果があり、クロロゲン酸を継続的に摂取すると、血液のコレステロールバランスが整い基礎代謝がアップして、痩せやすい体になります。

たくさんおしっこをするとむくみが取れる!

コーヒーを飲むとトイレに行きたくなる…こんな経験はありませんか?
コーヒーに含まれているカフェインには、体内の老廃物を排出する働きがあります。

コーヒーの利尿作用によりトイレに行く頻度が上がると、その分老廃物も体外へ排出されるので、むくみを解消しすっきりとダイエットできます。

いつ飲むのが効果的?

肪燃焼を高めるカフェインとクロロゲン酸は、
摂取後30分ごろから働き始めます。

よって、運動の30分前にコーヒーを飲むのがベストです。
同様に、入浴でも体温と代謝が上がるので、コーヒーを飲んでから30分後に入浴するとダイエット効果が期待できます。

そして食後だとコーヒーには脂肪を燃焼させる効果があるので、食後の消化が始まるタイミングを見計らってコーヒーを飲めば、食べた物が脂肪になりにくくなります。

さらに、前述のとおりコーヒーを飲むと基礎代謝が上がるので、日常生活をしながら動くだけでもダイエット効果が期待できます!
カフェインには覚醒作用もあるので、朝や昼の時間帯にコーヒーを飲むと眠気覚ましにもなるのでおすすめ。

飲む間隔はどのくらいがいいの??

カフェインの効果は3~4時間続くといわれているので連続してガブガブ飲んでも意味がない為、3~4時間以上間隔を空けながら飲みましょう。

コーヒーには脂もあるので飲みすぎると胃もたれを起こすかもしれませんよ!
プロフィール樋口祐次郎

関連記事

  1. lodge-skillets05

    〈 LODGE スキレットがやってきた〉ファミキャンとカメラといろいろと

  2. アウトドアで美味しいコーヒーをのむために05

    アウトドアでもおいしいコーヒーを飲むための豆選び:初級編

  3. 高級コーヒー豆はウ○チから採れるって知ってます?

    高級コーヒー豆はウ○チから採れるって知ってます?(1)

  4. コーヒー飲むとおしっこしたくなるのなんで!?

    コーヒー飲むとおしっこしたくなるのなんで!?

  5. 高級コーヒー豆はウ○チから採れるって知ってます?➁

    高級コーヒー豆はウ○チから採れるって知ってます?(2)

  6. ハンドドリップ式、フレンチプレス

    アウトドアで美味しいコーヒーを楽しむための道具選び:初級編