コーヒー豆の焙煎度合いでの味の違いを知ると人生得します。たぶん絶対。

コーヒー豆の焙煎度合いでの味の違いを知ると人生得します。たぶん絶対。

焙煎で味は変わるものなの?

コーヒー豆はどれくらい焙煎しているかによって酸味と苦みが変わます。
シンプルに分けると、
・焙煎が浅いコーヒー豆は酸味が強め→浅煎りと表記される
・焙煎が深いコーヒー豆は苦みが強め→深煎りと表記される
同じ豆でも焙煎度合いが味が全く変わるので、好きな豆が決まったら焙煎度合いも気にするといつも自分に合った味のコーヒーが楽しめますよ♪

焙煎の種類と特徴

焙煎の種類と特徴

ライトロースト

焦げ目が薄ら付いてる程度。明るめの小麦色の焙煎度合。香りもコクも薄っすらと感じるくらいなのであっさりとしたコーヒーが好きな人向けです。

シナモンロースト

名前の通りコーヒー豆がシナモン色。ブラックコーヒーとして味わえるのがここからですかね。酸味が強くあっさりした味です。

ミディアムロースト

コーヒー豆が茶褐色。軽めの味わいなので、苦味が嫌いな方にはオススメ。アメリカンコーヒーと言われる、薄い味を出すのに向いてるかも。

ハイロースト

一般的に飲まれているのはハイローストが多いかと思います。ミディアムよりもやや深めに焙煎したコーヒー豆で、酸味と苦みのバランスが良いです。クセが嫌いな人におすすめです。

シティロースト

こちらも一般的な焙煎度合で、コーヒー豆の色はコーヒーブラウン。皆さんがよく目にするコーヒー豆の色です。やや酸味が弱めになってくるので、コーヒーになれてくるとこの苦味が美味しに変わってくる境界線ですね。

フルシティロースト

色がダークブラウン。一般的にはアイスコーヒーで使われることが多く、ホテルなどの食後に口直しに出させるのも多い苦みが強めの香ばしいコーヒーです。

レンチロースト

強い苦みと独特の香りを楽しむことができる焙煎度合。こげ茶色のコーヒー豆。ブラックコーヒーとしては不向きで、ミルク入りのカフェオレやクリームを添えたウィンナーコーヒーなどアレンジコーヒー向きの焙煎です。

イタリアンロースト

コーヒー豆の色がほとんど黒。強い苦みと濃厚な味わいを楽しめます。主にエスプレッソやカプチーノ好きにおすすめ。ブラックコーヒーで飲める方は勇者認定です(笑)

焙煎で味は変わるものなの?

まとめ

以上が焙煎度合の特徴になります。上から下にいくほど苦みや味の深さが出てきます。好みは別れるものですが、よくわからない人はミディアムローストかハイローストを選ぶとクセがなく飲みやすいコーヒーとして楽しめるのではないでしょうか。

ミディアムローストかハイローストを選ぶとクセがなく飲みやすいコーヒーとして楽しめるのではないでしょうか。
焙煎の度合いまでこだわりたい場合は、既製品の量り売りのコーヒーショップではなく「自家焙煎」をしているコーヒーショップで相談してみてください。

プロフィール樋口祐次郎

関連記事

  1. ハンドドリップ式、フレンチプレス

    アウトドアで美味しいコーヒーを楽しむための道具選び:初級編

  2. コーヒー豆の賞味期限は買ってからどのくらい?

    コーヒー豆の賞味期限は買ってからどのくらい??

  3. 美味しくコーヒーを飲むための豆の量

    美味しくコーヒーを飲むための豆の量って何gか知ってますか!?

  4. コーヒーに合う水は、軟水?硬水??どっちなの???

    コーヒーに合う水は、軟水?硬水??どっちなの???

  5. ブレンドコーヒーってそもそもなに?

    実は知らない・・・?ブレンドコーヒーって何なの??

  6. 水だしコーヒーと普通のアイスコーヒーの違い

    今更ひとには聞けない。水出しコーヒーと普通のアイスコーヒーの違いとは!?