SUPER GT ROUND7 スポーツランドSUGO GT300kmRACE 前編

SUPER GT ROUND7 スポーツランドSUGO GT300kmRACE

こんにちは!

今回は変わり種!
キャンプや釣りのアウトドアとは一味違った「おとなのそとあそび」。サーキットでのレース観戦です。
私たかぎは年に2回ほど、この類のレース観戦に出かけます。

あ~興奮してきたな!

今回も異次元の世界を観戦してきましたので前、中、後編に分けお届けしたいと思います。

それではいってみましょ~う!スポーツランドSUGO GT300kmRACE!!!

まずは、、、

SUPER GTって何ぞや?

日本のモータースポーツには2種類のトップカテゴリーが存在しており、うち一つはスーパーフォーミュラといわれるF1のようなマシンで激走するものと、もう一つが世界の市販車をベースとしレース専用に改造されたGTカーが参戦するSUPER GTがあります。今回はこのSUPER GTに注目していきます!

SUPER GTにはクラス分けがあり、GT500クラスとGT300クラスに分けられます。
GT500は「NISSAN GT-R」、「HONDA NSX」、「LEXUS LC500」の3車種に絞られ、エンジン出力は550馬力以上といわれており、各メーカー共に共通のエンジンとカーボンシャシーを使い、市販GTカーのシルエットを採用した専用レースカーとなっています。

もう一つのGT300は約300馬力を想定して名付けられましたが、現在では500馬力前後を絞り出すマシンも参戦しています。
そのため、燃料噴射システムでの出力制限やウェイトハンデによってマシンポテンシャルを均一化する対策もされています。
SUPER GTの面白さともいえる2クラスの同時レースは、常に抜きつ抜かれつの激戦が行われますのでスタートからチェッカーフラックを受ける瞬間まで目を離せません。
GT500とGT300の見分け方はヘッドライトのカバーとゼッケンの色の違いで確認できます。ともに白ならばGT500、黄色ならばGT300となります。
もう一つの特徴は、1台のマシンを2人のドライバーで走ります。ピットストップの際には必ず1度ドライバーチェンジが必要になるのでチームごとのレースの戦力や、ピットワークも見どころとなります。

SUPER GTは年間スケジュールで全8戦のレース開催が決まっています。

ROUND1 4.13‐14 岡山国際サーキット(岡山)
ROUND2 5.3‐4  富士スピードウェイ(静岡)
ROUND3 5.25‐26 鈴鹿サーキット(三重)
ROUND4 6.29‐30 チャン・インターナショナル・サーキット(タイ)
ROUND5 8.3-4 富士スピードウェイ(静岡)
ROUND6 9.7-8 オートポリス(大分)
ROUND7 9.21-22 スポーツランドSUGO(宮城)
ROUND8 11.2-3 ツインリンクもてぎ(栃木)

っということで9月21、22日のSUPER GT ROUND7 SUGO GT300kmRACEをいろいろな角度からお届けしたいと思います。

スポーツランドSUGOの歩き方!

まずはスポーツランドSUGOの全貌です。

ここ宮城県柴田郡にあるスポーツランドSUGOは、国際自動車連盟(FIA)公認のインターナショナルレーシングコースを中心に、4つの専用コースを有する総合モータースポーツ施設であります。
メインとなるレーシングコースの全長は約3.7㎞、最大高低差約73mもあることで、ほとんど平坦なところがなく、常に上り、下りの繰り返しのアップダウンの効いたコースレイアウトが特徴です。
タイトなコーナーが連続しアクシデントが発生しやすいため「SUGOには魔物が棲む」と表現されることがあります。

まずはグランドスタンドのストレート
やっぱりスタート時にはここで見たいものです。第1コーナーまでの熾烈な駆け引きと加速は1回のレースで1度しか見れませんから!

第1コーナーから第2コーナー(第1コーナー最上部より撮影)
メインストレートの300㎞近い最高速からフルブレーキング。そして直角に近いくらい曲がる右コーナーが、1コーナー、2コーナーと連続しています。インを狙ったり、アウトに振ったり、ライン取りの駆け引きも面白いコーナーです。

第2コーナーから第3コーナー
第1コーナーで減速したマシンが第2コーナーまでの下り傾斜で一気に加速してきます。そして第3コーナーに向けアクセル全開にしたと思ったらヘアピンで超減速し、勾配を駆け上がっていきます。
まさにレーシングカーの命でもある「加速と減速」が目の当たりできるコーナーです。

馬の背コーナー、SPインコーナー、アウトコーナー
バックストレッチからの最高速をフルブレーキングして突入するのが馬の背コーナー。ここSUGOでは一番のパッシングポイント言われ、コースアウト、接触も発生しやすい迫力あるポイントです。
このエリアに陣取れば、少々の移動でいろいろなコーナーを違った角度から観戦できますので人気のスポットです。
そしてちびちゃんたちの遊具や休憩所もありますので、ファミリーでの観戦にはもってこいの場所となります。=私たかぎのおすすめポイントともなります。

最終コーナー
最終コーナーは超高速で加速しストレートを上っていく迫力のマシンが見られます。名物ダンロップブリッジとホームストレートに向かう10%勾配もSUGUならではの写真を撮るのにもお薦めの場所です。

次回はSUPER GT ROUND7 スポーツランドSUGO GT300kmRACE 中編 の模様をお届けいたします。

プロフィール高木義信

関連記事

  1. BMWライトカスタムThule Canyon 859XT

    BMW 120i Mスポーツを都会的なアウトドアカーに。見た目から入るのも大いにアリ!ルーフキャリアでライフスタイルを積み込もう!!!

  2. SUPER GT ROUND7 スポーツランドSUGO GT300kmRACE

    SUPER GT ROUND7 スポーツランドSUGO GT300kmRACE 中編

  3. 個人的推しは、やっぱり「MAX 織戸」選手です。

    SUPER GT ROUND7 スポーツランドSUGO GT300kmRACE 後編