オジサン肌にならない為の冬の紫外線対策①

オジサン肌にならない為の冬の紫外線対策01

ほとんどの女性は”紫外線”というワードを聞くと、お肌のケアを連想するんじゃないかと思います。
しかし男性はどうでしょう?夏、海や川遊びに行くときに「あ、日焼け止め塗らなきゃ。」と思うくらいであまり気にしてない方が多いんじゃないかと。
一般的には春~夏(5月~8月)にかけては紫外線も強く、ジリジリと日焼けするような感覚があるので、自然と日焼け対策しなきゃ!と自然と思いますが、秋から冬は気温も低くそこまで日差しも強くないので、日焼け対策をされる方も少ないと思います。

が、しかし!!冬にも肌を脅かす紫外線があるんです。
寒さ対策には気を遣っても紫外線対策はついつい忘れてしまいがち。
冬はそれほど紫外線は強くないと思ってしまっているんですよね。
という事で今回は冬の紫外線についてお話していきます。

冬と夏の紫外線の違い

一言で紫外線と言っても、冬と夏では違いがあります。
夏の紫外線は、日焼けでわかるような赤くなったり黒くなったり、肌に火傷のようなダメージを与えるという特徴があります。

しかし冬の紫外線にはすぐに目に見えるような影響はありません。
ただ、少しずつ少しずつダメージが蓄積していく特徴があるため、将来的に肌トラブルが現れてしまうという特徴があります。

地上に届く紫外線には、A波とB波と呼ばれる2種類があります。

A波はUV-A、B波はUV-Bと呼ばれており、それぞれが肌に与える影響に違いがあります。

冬の紫外線であるUV-Aは太陽から地表に届く紫外線のおよそ9割を占めていますが、肌を日焼けさせたりする急激な影響を与えることはありません。
ただ、UV-Aは肌にダメージを蓄積させる影響を持っているという点が要注意。
夏に比べると紫外線が少なくなるイメージがありますが、いちばん多い時期のおよそ3分の1の量のUV-Aが地表に到達しているので無視はできません。
オジサン肌にならない為の冬の紫外線対策02

肌の老化は冬の紫外線で起こる!?

冬の紫外線はA波は、物質を透過しやすいため、雲やガラスなどの影響を受けにくいという困った特徴が・・・。

なので冬、肌に当たるような直射日光を感じなくても、日差しがあったかいなぁなんて室内にいる時であっても、肌が影響を受けてしまうということになるんです。

冬の紫外線は、肌の深いと心まで届いて弾力やハリに関わる部分に影響があるため、蓄積すると“シワ”や“たるみ”の原因になります
また、すでに肌のラニン色素を酸化させて黒くする作用のせいで黒ずんだりシミが増えてしまいます。

そうですね。分かりやすい例えでいうと有名な”登山家”の方を映像で見たことがある方は、確かに。と思うかもしれませんね。
雪の照り返しによる紫外線の影響で目の下の頬が赤黒かったり、年齢に関係なく顔全体に深いシワがある方が多いです。
雪山登山やウィンタースポーツをされる方は、紫外線対策を怠ってしまうとそれに近い症状の原因を作ってしまうことになるので特に注意してみてくださいね!
プロフィール樋口祐次郎

関連記事

  1. オジサン肌にならない為の冬の紫外線対策どうすればいい

    オジサン肌にならない為の冬の紫外線対策②

  2. オジサン肌にならない為のメンズスキンケア①

    オジサン肌にならない為のメンズスキンケア①