アウトドアファッションについて

誰もが何かしらの拘りをもったライフスタイルを送っているかと思います。
住まいや車、ファッションや趣味など様々な拘りがあるはず。

他人と被りたくない!カッコい物がいい!と思っている方は特に読んでください。
オシャレに拘ったアウトドアファッションを、テーマ別で紹介していきたいと思いますので、どうぞコーヒーでも飲みながら参考にしてみてくださいね。W

【アウトドアといえば】

登山、CAMPやFISHINGなどのイメージが出てくると思います。
特に最近は野外フェスやCAMPブームが加速しており、フェスでのファッションを楽しんでいる人々が目立ってきています。

マウンパは勿論、フィッシングやハンティング時に着用するゲームベストを活用したコーディネートは個性が出ており、トレンドを意識したアウトドアファッションが一番オシャレではないかと最近思います。W

ただコーディネートしていく中で物の背景を知り、その機能性や着用する意味を知っている、知っていないでは全然楽しみ方が違いますので、拘ったアイテムで自分のオリジナルファッションを楽しみましょう。

【進化している機能性】

世界にはまだまだ知らないブランドも存在します。
新規ブランドも続々と生まれてきている。
勿論日本からも。
発信者は何かしらのアウトドアをしていて、「こんな物があったらいい!」「このデティールが必要」、「自分たちで作ってみよう!」と思ったに違いありません。

生地一つにしても天然素材のコットンやウールから化繊が生まれ、高機能素材に進化していく。
その代表的なものといえば60/40(ロクヨン)クロス。

アメリカを代表するアウトドアブランドのシエラデザインズが1960年に開発した機能素材。
コットン60%、ナイロン40%の混紡でコットンが湿気を吸うと膨張し水分の侵入を妨げ、コットンよりも通気が良く摩擦にも強いといった当時最強の生地。
1976年には誰もが知っているGore-Texの製品が出てきます。
未だ防水・透湿で見ればこれからが最強ですね。

後々にもご説明しようと思うが、長く着るなら一枚生地の60/40クロス。
防水性や軽さを取るならGore-Texを推奨したい。

一般のアウトドアブランドに加え、オシャレな人達がどんなブランド、どんなアイテムをチェックしているかご紹介しながらウンチクを話していきますね。

プロフィール YAMA

関連記事

  1. ペンドルトングッズ ビーチタオル

    トレンドのペンドルトンスタイル、キャンプで映える!ペンドルトンのタオル

  2. フィッシングベストを着用したコーディネート

    渓流釣りのファッション

  3. コンパクト収納なパッカブルコーデ

    コンパクト収納なパッカブルコーデ

  4. 足元を変えるだけでオシャレに

    いつもの印象をより上品に。